シニアが効率的に筋肉を鍛える方法.com » 保存療法について

保存療法について

最近腰痛で悩まされている方は多いでしょう。中でも脊柱管狭窄症は患っていらっしゃる方々も多くみられるようです。この脊柱管狭窄症には様々な治療方法があります。

もちろんそれらは症状や状態によって異なってきます。状態がひどくなったり、日常生活に支障をきたすような障害が現れたりすると、手術を取り入れていくようですが、大体の場合、まず保存療法や運動療法からとなります。

保存療法には、薬、ブロック注射や器具や装具などがあります。運動療法は筋力トレーニングやストレッチなどが挙げられます。これらの治療を、症状に合わせて組み合わせたりしながらおこなっていき、症状を和らげるという形になるようです。

これらは単体での治療というよりも、やはり組み合わせて行われる事が多いようです。上手く組み合わせる事により、患者さんの症状にあった苦痛をより効果的に和らげるのではないでしょうか。

薬は自己判断は絶対してはいけません。医師の指導のもとに、しっかりと管理して用法を守らなければなりません。ですが、薬に頼り飲み過ぎるのも良くないので、先ほどご説明した運動を積極的に取り入れ、体に筋力をつけていきたいものです。