シニアが効率的に筋肉を鍛える方法.com » 違いについて

違いについて

「接骨院」、「整骨院」。どちらも「骨」という文字が含まれてはいるものの、「接」と「整」の文字が違っています。名前が違うのだから、当然役割も違ってくるのだろうと思いますよね。

ではここで質問です。あなたが「捻挫した」としましょう。では「接骨院」と「整骨院」、この2つのどちらにかかるべきなのでしょうか。この質問の正解は、意地悪な感じがしますが、「どちらでもOK」です。では、なぜどちらでもOKなのか、その理由について説明していきたいと思います。

「接骨院」ともうひとつの名称、これらの名称から連想していくと、接骨院は「骨をくっつける」、整骨院は「骨を整える」というようなイメージになりがちですが、実はどちらにしても「接骨院」とほとんど違いはありません。

というよりも、「接骨院」ももう一つの名前も、名称は正式なものではなく、どちらも俗称であり、法律に基づく正式名称ではありません。

法律に基づく正式名称としては「柔道整復師施術所」となっているのですが、「柔道整復師法」と呼ばれる法律で、施術所の名称に関して広告の規制を受けています。そのため、この規制に対応するために、「接骨院」などという名称が使用されているのです。

つまり、「接骨院」も整の字の方も、名前は違えども中身は同じものなので、「どちらでもOK」という解答になったわけです。

また、接骨院で治療にあたっているのも、「柔道整復師」という国家資格を持っている人間です。「柔道整復師施術所」の開設には、「柔道整復師」の資格が必要となるので、必然的に施術者は免許を有していることになるので、安心感もありますよね。

ただ、強いて言えば「柔道整復師施術所」経営している「柔道整復師」の治療の方針や考え方によって、施術の方法が微妙に異なってくる可能性はあります。