シニアが効率的に筋肉を鍛える方法.com » 足の痺れに対処する

足の痺れに対処する

足は様々な病気の症状が表れる部位といわれています。

特に症状として表れる事が多いのが足のしびれで、一見すると脚とは無縁に見えるような病気でも足がしびれたり、症状としてしびれが出るとは到底思えない病気が原因になることもあるそうです。

そんな症状を解消させて元通りの脚にするために非常に役立つのがフットケアによる治療です。フットケアを毎日欠かさず行えば辛かった足のしびれも治まって元通りの生活を送る事が出来るようになるでしょう。

原因はいくつか考えられますが、中でも多いのが血流の異常がきっかけに起こるものです。例えば動脈硬化など血液を運ぶための機能に何らかのトラブルが発生すると身体の末端になる脚に十分な血液が送られなくなります。

そうなると滞った血液によって末端神経などを圧迫させて脚にしびれを引き起こすのだそうです。血行を阻害する原因には意外なところにもあり外反母趾によって血行障害になることもあります。

外反母趾になって足の指が曲がると曲がった先から血流障害を引き起こすこともあるそうです。

フットケアで足の痺れを解消するには原因ごとに対処法を変更する必要があります。血行が原因で痺れが出るようになった場合はマッサージを行なって筋肉をほぐしたり、入浴や軽いトレーニングを行って決行を促進させます。

外反母趾など足の変形が原因の場合は変形を解消させるために矯正用のインソールやサポーターなどを使用してフットケアを行い、少しずつ足を正常な形に戻していきます。

その他にもヘルニアなどによる神経の圧迫など足のしびれの原因になる病気は色々ありますが、それらにも対応できるよう様々なフットケアの方法が考案されています。

もちろん足のしびれ以外の症状の改善にもフットケアは有効なので、脚に何らかの異常が表れた時は一度専門家によるフットケアを受けてみてください。