シニアが効率的に筋肉を鍛える方法.com » 健康を害するもの

健康を害するもの

生活の中で健康に良くないことといったらどのような事をイメージするでしょうか。

人それぞれの価値観、捉え方によって変わると思いますが、やはり群を抜いて「喫煙」は人の健康に全くのメリットをもたらさない事ではないかと思います。

それは非喫煙者はもちろん、喫煙者ですら考えている人は多くいらっしゃると思います。しかしタバコのニコチンによる依存性は喫煙者にとって非常にやめづらくさせられる厄介な成分です。

やめたいけどやめられない、今度やめる、などと喫煙者はこのような言葉を大抵吐いてしまい、タバコをやめるという本当の意思、そしてタバコに対する本当の恐怖をわかっていても信じる事が出来ない為にこういった台詞を吐いてしまうのだと思います。

タバコは肺がんの可能性や脳卒中の確率を高めるといわれていても、それが実際に自分の起きるかというとほとんどの方がそうは思わないと思います。

本気で考える人は身の回りの人間で本当にタバコが原因で健康を身体を壊してしまった方がいる方です。いわゆるこういった病気の可能性が高まるという表示は信憑性に欠けると考えてしまうのです。

確かにそういった認識を持つ事も分かりますが、出来る事ならば病気になる前にやめておきたいというのが理想です。

しかしそれが出来たら誰も依存に困りませんが、やはりタバコは禁煙するのが一番です。今では税金も上がり、分煙化も進み、喫煙者が肩身狭い気持ちになる世の中に変わってきています。

そしてこの先どのように変わってくるかは我々には分かる事ではありません。もしかしたら海外の様に価格がもっと高くなり、とてもではないが、毎日喫煙するにはお金がかかりすぎるといった事にもなりかねません。

そういった際に依存でやめられないとなるよりは今から健康や将来の社会の事を考えて喫煙を試みると良いのではないでしょうか。