シニアが効率的に筋肉を鍛える方法.com » 手術と後遺症

手術と後遺症

椎間板ヘルニアの治療においては保存療法を取り入れる場合が多くなっていますが、それでも患部の状態を改善したい、症状を完治させたいといった場合には身体にかかる負担を承知の上で手術に踏み切る場合ももちろんですが存在します。

さて、やはり気になってしまうのが体にメスを入れることによるリスクですよね。椎間板ヘルニアの手術を行うことによってもしかすると重大な後遺症を患ってしまうのではないか・・・なんて思っている方もいらっしゃると思います。

はっきりと述べるならば絶対というものは無いので完全にその危険性が無いわけではありません。

しかし、実際に執刀を行うとなればそれは脊椎について経験豊富な専門家の医師が行うことになりますのでそのような心配はほとんど必要ありません。

術前には当然細かな説明がありますし、危険性についても言及されるでしょう。なのでそれほど心配することはありません。

しかし、先程も述べましたように絶対はないというのが現状であり、時にいかに慎重に専門家が執刀を行った場合でも何かしらの後遺症とみられる症状が発生する場合もあります。医学の世界でこういうのもなんではありますが、運悪くということがあるのです。

実際に起きている例としては、椎間板ヘルニアの症状が重度の状態まで進行してしまい歩くことすらままならない程の痛みが発生してしまっている状態の患者が術後、無事に痛みを解消することは出来たのですが、安静期間を終えリハビリを開始する頃に身体の一部分にしびれが生じていることに気付いたという場合があります。

また、同じように術後に後遺症と思われる症状が残った方でもリハビリを通して解消することが出来たという方もいらっしゃいます。または再度の執刀が必要となる場合もあります。

このように実例は確かにありますが、その可能性としてはそう高くないことをお伝えできればと思います。