シニアが効率的に筋肉を鍛える方法.com » 個人で出来るケア

個人で出来るケア

変形性膝関節症になることによって歩行が困難になってしまう事や膝を伸縮することが困難になってしまうことがあります。

変形性膝関節症の症状は治療によって治す事ができますが、すり減ってしまった膝の軟骨は再生することはないと言われています。

ただ治療する事によって痛みを治める事が出来きます。この変形性膝関節症の治療には病院に行くというのがまず思い浮かぶでしょうが、病院だけが全てではありません。

それなりに個人で出来る治療も意識していかなければなりません。この個人で出来るものなのですが、医師にもどういった事を心がければ良いかという事をいわれると思います。

まず生活内で全体的に膝への負担を減らす事が大切になってきます。膝へかかる負担というのは意識しなければ全く気にしないことですが、買い物の際の荷物を持っている時などにも多少の負担はかかっています。

変形性膝関節症の症状が出ている間はそういった重たいものを持つ事は、多少は避けたいものです。それに長時間にかけての歩行もあまり膝にはよくないです。

これは健康な身体であっても長時間の歩行は膝にくるので、症状がある時は尚更、避けたいものです。それに類似することでは、坂道や階段などの膝への負担が大きい場所はある程度避けておきたいです。

しかし生活上このことはやむを得ない事があるので、少しでも負担を減らす為に方を借りる事や、松葉杖などの膝への負担を減らす事の出来る物は利用するのが良いと思います。

そしてそれ以外にも自分自身が膝への負担をかけている場合があり、主に悪い姿勢での歩行や自分自身の体重です。

こういった自分で見直せる姿勢などはしっかり改善していかなければ今後再発の可能性にも影響が出ると思います。それに体重が原因の一つであれば原料も一応意識に入れておく方がいいかもしれません。

こういった自分で出来るケアは色々あるので、今後の生活を考えても直せる部分は直し、治療に専念するのがいいと思います。