シニアが効率的に筋肉を鍛える方法.com » 大阪の病院

大阪の病院

腰痛は特に農作業などに従事する方が多い地方に住んでられる方に多い病気でしたが、今では都市部に住む方にも多くなってきています。

東京や大阪などの大都市でも腰痛を治療するところやペインクリニック、整体院やカイロプラクテイックなどが年々増えてきているようです。

腰痛を持ったら、まず整形外科のあるところで検査を受けることが大切です。病態や病名がはっきりしない状態で整体院などに行っても、なかなかよい治療法が見つからないという事態に陥りやすくなります。

腰痛に効果の高い治療方法はまず、病態を明確にすることです。病院では問診や理学所見を行い、最後に画像検査をして、診断を確定させます。その後、医師の指示に従って治療方針を決定することになります。

東京、大阪などの大都市には、名病院と呼ばれるところも多くあります。例として大阪の国立病院機構大阪南医療センターの米延策雄ドクターは、NHK放送の健康番組への出演経歴もお持ちで、また、やさしい腰痛の自己管理、という魅力的なタイトルの著書も持っている名医です。

また、近畿圏内でも名医として名前が広まっていて、数多くの腰痛の治療を成功させてきたと言われています。

このような名医に罹ることができる患者さんは幸運と言えます。ヘルニアやすべり症などの比較的大きな病気については、特にその手術を名医に担当してもらいたいと思う方がほとんどと言えますが、そうでない場合はよく考えて病院を選ぶ必要があります。

セカンドオピニオンを利用して名医にめぐり合う場合もあれば、初めから予約が通るケースもあり、まちまちです。保存療法をする場合は、都市部にある多数のクリニックや整形外科での受診が適しています。

医師とのコミュニケーションをよく計り、症状についての知識を貯めて行って治療に役立てれば、必ず効果はでてくると言えます。

医師の話がよくわからないというようなことが無い様にし、場合によってはセカンド・オピニオンを利用し他の医師に替わることも必要です。