シニアが効率的に筋肉を鍛える方法.com » 栄養摂取について

効率的な栄養摂取

筋肉トレーニングには、栄養素と休息も重要です。これはシニアであろうと若い方であろうと変わりません。いくら運動をしっかり行っても、休息や栄養素の摂取が上手くおこなわれていなければ、筋肉は疲労から回復ができず、怪我の元となってしまいます。

シニアの方の場合は、若い人に比べると食が細くなっていることもあるので、無理して量を食べる必要はありませんが、その分栄養の取り方を慎重に考えなければなりません。

では一般的にはどの程度の量を取れば良いのでしょうか。筋肉に特に必要となるのはタンパク質です。簡易な式ですが、軽いストレッチなどの運動を行っている場合に1日に必要なたんぱく質量は体重の1.5倍の数字をグラムで出したものです。

つまり、例えば体重60キロの人の場合、必要なたんぱく質はだいたい90グラムということになります。グラム数で言うと案外すぐに摂取できる栄養に思えますが、食品ごとのたんぱく質の含有量を見ると、なかなか大変なことです。

ひとつ例をあげると、牛肉を百グラムに対して含まれるタンパク質は、16グラムです。もちろん実際には、タンパク質だけでなく他の栄養素もバランスよく取らなければなりませんから、ますます難しいというわけです。

シニアになると若いころに比べて胃腸も弱くなりますから、脂っこいものやお肉が苦手、量が食べられないということもありますので、余計に大変ですね。

そんなシニアの方は、サプリメントで足りない栄養素を補うという方法があります。ただしあくまでも、食事をしっかりと摂ったうえでどうしても足りない分を補うという考え方を忘れないでください。

タンパク質を補うサプリメントとして有名なのはプロテインですね。効率を求めるのであれば、トレーニングをしたあと30分以内か、就寝の1~2時間前が理想です。

ただし過剰に摂取してしまうとカロリーオーバーになってしまい、かえって脂肪を溜めこむことになってしまうのでその点は注意してください。