シニアが効率的に筋肉を鍛える方法.com » 難聴について

難聴について

突発性難聴とは、ある日突然、耳が聞こえなくなってしまう健康障害です。またこの病気は、ストレスが多く健康を崩しやすい現代社会では年齢に関係なく起こります。

近い距離から名前を呼ばれても聞こえない、という場合は要注意です。特に片方の耳だけが聞こえが悪くなっていると気付いたら、早めに受診をし、耳の健康状態をチェックすべきです。

難聴とは例えば大きな音で音楽を聴くことでプロのミュージシャンの方も多くかかる病気ですが、このようなことがほとんど無いという場合でも罹る方が多くなっています。

また50代以上の方に多いと言われていますが、最近では20代の方も多く発症します。突発性難聴の原因については明らかにはされていません。

つまりはっきりとした根本原因がわからないのですが、ウイルスの感染によるもの、内耳の血液の循環が悪いこと、アレルギーなどの説があります。またストレスが比較的強かったという場合は多く、誘因としてもっとも可能性が高いと考えられます。

他人に声をかけられているのに知らなかった、という場合の他には、電話をしていても相手の声がよく聞こえなかった、ヘッドフォンをかけているのにサウンドのバランスが悪い、耳を手でふさいでいないのに同じような感覚を持つことがある、自分の声がいつもと違っている、など様々ですが、両方の耳が難聴になっているという場合は少なく、ほとんどは片耳に症状を覚えます。

また両耳であれば症状がすぐにわかり、不安になって受診することができても、片耳だけの場合は猶予を感じでしまうこともしばしばです。

突発性難聴の治療は、早期に受けるのが健康に戻るためにはベストです。できれば発症後1週間以内が望ましく、一ヶ月を過ぎてしまうと健康な状態に戻りにくくなってしまいます。

あるいは気付いたときにはほとんど難しいという場合もありますし、眩暈などもあるという場合も難しいと言われます。まずは専門の耳鼻咽喉科で聴力を測ってもらい、突発性の難聴かどうかをはっきりと診断を受けてから、薬の内服などの有効な処置を検討してもらうべきです。