シニアが効率的に筋肉を鍛える方法.com » 薬の効果

薬の効果

ブロック注射は痛みの原因となっている部位に直接薬品を注射することによって症状を緩和させて他の治療をしやすくしたり自然治癒力による回復を促していく治療法です。

普通の投薬療法よりも遥かに強く痛みなどの症状を抑えることが出来ますが、どんな薬を使って症状を抑えているのでしょうか。

ブロック注射の多くは局部麻酔を注射することで神経や筋肉を麻痺させて症状を抑えています。痛みを引き起こしている箇所は決まって緊張状態になっており、周辺の血行が悪くなっています。

このことが原因で思うように栄養が行き渡らなくなっており、回復が遅れてしまうので、麻酔で周辺の組織の緊張をほぐすことで回復を早めることが出来ます。

さらに栄養剤などを同時に注射することでさらに効果を高めて病気や怪我を治療させることもあるそうです。また何らかの原因で筋肉組織や神経が炎症を起こしている場合は麻酔薬の他にステロイド剤を使用することもあります。

ステロイド剤と聞くと筋肉増強剤やアトピーの治療に用いられる場面が思い浮かびますが、筋肉や神経の組織を修復するためにも用いられています。

使いすぎると身体に悪いといわれていますが、ブロック注射は薬の量が非常に少なくても高い効果をもたらすことが出来るという特徴があります。

量は最小限に抑えていますし、必ず使わなくても治療することは十分可能なので、どうしても心配だという方は使用しないで治療できるかどうか医師と相談して使用を決めましょう。

直接注射する以外にも痛いと評判のブロック注射の痛みを軽減させるための麻酔薬を注射することもありますが、これはそれぞれの判断で使用することになるので、使うかどうかについても話しておきましょう。

その他症状や病気が発生した位置によってブロック注射の種類や使用する薬にも変化が生じてきます。より詳しい話は治療の前に打ち合わせが行われるはずなので、しっかりとどういった治療を行うか相談するようにしましょう。