シニアが効率的に筋肉を鍛える方法.com » 様々な治療法

様々な治療法

近年多くの方が腰痛をかかえられており、特に中高年層では、その割合はかなりの数といわれているようです。その腰痛の中でも、 椎間板ヘルニア は特に多くの方が患っているといわれています。

椎間板ヘルニアの症状としては、

・腰から下の部分に激痛が走ること。
・しびれたような感覚があること。
・立ち続けることや、座り続けることがつらくなること。
・くしゃみやせきをしただけでも激痛が走ってしまうこと。
・重い症状の場合には、男性性機能が低下することもあるということ。

といった以上のような症状があるようです。

これら椎間板ヘルニア症状の考えられる原因としては、

・重いものを持っていたこと。
・スポーツなどで腰を強く捻ったこと。
・長時間座ること。
・姿勢の悪さによって、骨盤がズレてしまい、背骨を歪ませて背骨に負担かけること。
・カルシウム不足により、骨や椎間板の老化
などがあげられます。

椎間板ヘルニアの種類は二通りにわかれており、軟骨の中身が出てしまうことによって、神経を圧迫するものと、軟骨が変形てしまうけとで、神経を圧迫するものという種類があります。

前者は痛みなどは酷いわりには、数ヶ月で軽くなることがあります。ですが、後者は、症状が長引くことがあるようなのです。これらの椎間板ヘルニアに対する治療方法としては、基本的にまず保存療法を行う形となります。

消炎や鎮痛、筋弛緩剤などを使っていくことによって、椎間板ヘルニアの痛みをとりながら、さらに、コルセットなどをつけて安静にします。

具体的にはマイクロウェイブなどで温め筋肉をほぐしていき、加えて、低周波の電気刺激で痛みをとっていったり、牽引を行うことで椎間板に対する負担を減らすなどの方法で椎間板ヘルニアを治療します。

ですが、これらの治療でも効果が得らることができず、症状が改善しない場合には、椎間板ヘルニアの手術を行うケースになってくるようなのです。

従って、なるべく早期に発見をすることで、椎間板ヘルニアの早期治療につながり、しいては、手術をしなくても、保存療法で椎間板ヘルニアの改善がみられるといえるのではないでしょうか。

たかが腰痛…ですが、されど腰痛です。きちんと医師に診断してもらうことで、対処は異なってきますので、間違った対処をしないためにも、ぜひ早めに診察していってもらいたいものだと感じました。