シニアが効率的に筋肉を鍛える方法.com » 椅子の選び方

椅子の選び方

腰痛になると椅子に座ることもままなりません。人体は立つ姿勢よりも座る姿勢のほうが負担が大きくなりますが、このことを知らないで痛みがあっても我慢して座って安静に、という方がいらっしゃいます、腰痛がひどい場合は横になるのがもっとも有効です。

また痛みを我慢しながら座って仕事をしなければならない、などの場合は、椅子の種類に気をつけることも大切ですが、やはりそうも言っていられません。

また楽な座り方を見つけることができればいいですが、まったく探しても見つからないという場合もあります。このような場合はよく言われる背もたれにしっかりと背中をつける座り方よりも、座面の半分程度を使用して座り、後ろ側の足を浮かせるようにすると腰痛が緩和するかもしれません。

もちろん滑ってしまう危険があったり、座面からずり落ちるようなことが無いようにしなければなりませんので、条件をクリアすることもなかなか難しいものですが、トライしてみる価値はあります。

この座り方は、骨盤に負担をかけないためにも有効です。骨盤を立たせることができ、また腰まわりの筋肉に負担をかけないという利点もあります。

経済的に余裕がある方であれば、アーロンチェアなどの高価なものを試してみるのもよいかもしれません。自宅で座り仕事が多い、という場合はとくにお勧めです。

高価な椅子は考え方次第です。また大切な作業をどれくらい効率化できるだろうか、ということがわかるに越したことはありませんが、なかなか買う前は検討がつきません。

口コミサイトなどもあまり無いようです。しかし他の方法がまるで無い、というケースも多いと思います。ここは大きな投資、大きな賭け、と考える方も多いようです。

このような状況で高価な買い物をするのにどうしても躊躇うという方は、それよりは安価で購入できる腰痛クッションという手もあります。実際、そのアプローチの前に腰痛クッションを置いてみるという方もいらっしゃいます。