シニアが効率的に筋肉を鍛える方法.com » 物理療法について

物理療法について

変形性膝関節症においての物理療法というのは、運動療法に対して、物理的に光や熱、そして電気などの器具を使って治療を行うものです。

変形性膝関節症の物理療法には様々なものがありますが、患部を温めるものとそして、患部を冷やすものとの二つがありますので、詳しくみていきましょう。

患部を温めるものを温熱療法と呼びます。温めることで下部の血行を促して、ひざの痛みをやわらげます。慢性的な痛みや炎症によく用いられるようです。

病院や家庭においての変形性膝関節症の治療も違ってきます。器具などが揃っている病院では、レーザーや低周波、赤外線などを使います。家庭では、お風呂に入って血行をよくしたり、温めたタオルなどを利用して患部を温めるというようなやり方になります。

逆に患部を冷やす治療法を寒冷療法と呼びます。冷やしたタオルを患部に当てて冷やす方法です。寒冷療法をするにあたっては、急激に冷やすような行為はやめましょう。

そのまま冷やすと凍傷になることもありますので、タオルなどで包んで冷やすほうがよいでしょう。寒冷療法は、変形性膝関節症の慢性的な痛みには効きません。

変形性膝関節症を発症し、急激な運動をした場合に、怪我などをしたときに、熱くなった患部を冷やすときのみ効果が現れます。

変形性膝関節症になった場合、ひざの痛みを防ぐことが大切なのですが、冬に限らずいつもひざを冷やすような状態にしていてはいけません。常にサポーターを巻いておくなどすれば、保温効果もあります。

サポーターそのものにはひざを固定し、ひざにかかる荷重を分散する効果もありますので、一石二鳥の効果があることになります。

その点を考えて作られた変形性膝関節症用のサポーターもありますので、医者との相談の上、ひざを温めることができるようなサポーターを装着しましょう。

ある程度変形性膝関節症の痛みも和らげることができますので、医者のほうも快く相談に乗ってくれるでしょう。