シニアが効率的に筋肉を鍛える方法.com » 頚椎ヘルニアとは?

頚椎ヘルニアとは?

頚椎ヘルニアについて説明する前に、頚椎と椎間板について、それらがどのようなものなのかを少しお話ししたいと思います。まず頚椎についてですが、椎骨と呼ばれるものが7個の存在し、それらが積み重なって構成されています。

次に椎間板についてですが、椎間板は椎骨間(重なっている骨と骨の境目)でそこに加わる衝撃を吸収するクッションの役割を果たします。

頚椎ヘルニアは、このクッションが破れた状態となり、椎間板・線維輪に亀裂が入ることで、内部に存在する髄核が飛び出した状態を言います。

このような椎間板の機能異常は頚部痛などの痛みを引き起こし、また、外部に飛び出た髄核は、頚椎内部に存在している脊髄や神経根というような、人間の生命活動にとって非常に重要となる神経組織を圧迫することになり、手足のしびれから始まり、痛み・運動麻痺まで、多岐に渡る様々な神経症状を引き起こします。

発症しやすい年齢層としては30~50代が最も発症率が高いと考えられています。これは、 30~50代が首への運動負荷が最も多くなる年齢層であるということが根拠となっています。

また、それ以外にも年齢に関係なく、スポーツなどによる運動負荷や、遺伝的要因など、先天的な生まれついての体質が原因となることもありますし、あるいは頚椎の外傷から発生することもあります。

椎間板から飛び出した髄核は、そのままの状態を維持し続けるものと考えられていましたが、近年では、髄核が飛び出した後であっても、その後、自然吸収・消失の過程をとり、自然治癒するケースも存在することが分かってきました。そのため、治療法も徐々に変わってきています。