シニアが効率的に筋肉を鍛える方法.com » 体操で改善させる

体操で改善させる

頚椎ヘルニアの治療は複数の治療を平行して行っていくことによって病気を治していく保存療法をメインに行っていくことになります。

以前は手術以外に治療法はないと考えられていましたが、体に負担が掛かったり再発の危険性が非常に高いということから手術を行うのは末期症状が出始めた患者くらいになりましたし、術後のリハビリに保存療法を行うようになったことからどんな症状の患者でも必ず一度は保存療法を行うことになります。

保存療法の中でも特に重要なのが運動療法という治療法です。

頚椎ヘルニアを起こした患部周辺を鍛えることで普段生活する上でその部位に掛かる負担を分散させるような身体作りをしたり、代謝機能を活発なものにして自然治癒力を高めて頚椎ヘルニアを短期間で回復させることが出来るようにしていきます。

運動といっても頚椎は非常に繊細な箇所であることで知られているので、それほど厳しい運動は行いません。

ほとんどの場合はストレッチなどの軽い運動を毎日つづけていくことになるので、一日の運動量よりも継続させることを第一に考えて身体を動かすようにしましょう。

簡単な方法だと首を前後左右にゆっくりと動かした後首を一回転させるという動作を5回ずつ繰り替えすというものや、両手を額に押し当てて腕と頭で5秒間押し合うという動作を左右と後頭部でも行う方法があります。

どちらも非常に簡単ですが、これを毎日続けるだけでも十分か効果が期待できます。それ以外にも様々な運動法がありますが、どんな運動でも実際に行う前に医師としっかり相談した上で行うようにしましょう。

中には症状次第では逆効果を及ぼすものも存在するので医師の許可を得ずに勝手に行い逆に症状を悪化させないように注意が必要です。それ以外にも保存療法には様々な治療法があります。

中には体操やストレッチの効果を上昇させるための治療法もあるのでそうした治療法をあわせて行い健康な首を作っていきましょう。