シニアが効率的に筋肉を鍛える方法.com » ギャンブル依存症

ギャンブル依存症

現在、日本ではあまり知られていない病気の一つですが「ギャンブル依存症」と呼ばれる病気があります。放置すると、病状がさらに悪化してしまう、典型的な病気で、自分の生活が圧迫されているにも関わらず、ギャンブルを辞められない、という極めて重大な障害のある病気です。

早期に治療することこそ、もっとも健康に望ましいのですが、なかなか本人にも自覚症状がないため、金銭をずるずると使ってしまうようなことが目立ってしまいます。

可能な限り冷静に自分を見つめ直し、病気に対して立ち向かうようにしなければなかなか健康状態に戻ることはできません。

自分がギャンブルに依存している、という健康状態を的確に踏まえ、冷静に対処することによって、病気をある程度、緩和し健康にちかづけることは可能です。

ですが、決定的になるのは「自分は今健康な状態ではない」ということを、自分で言い聞かせることです。

欧米では「ギャンブル依存症」は極めて重大な病気であるという、指摘があります。放置すれば、それによって、病状がさらに悪化して、最終的には自己の生活を省みないくらいまで悪化し精神的な健康だけでなく、身体的な健康まで崩してしまうことになりかねません。

病気であることを冷静に踏まえ、日々の生活を十分に管理しなければならないでしょう。ギャンブルは一時の「楽しい」「勝った」という瞬間的な快楽のために、なかなか辞められないものです。

そのような症状に取りつかれてしまうと、もう後戻りはできない、という問題点があります。自分の健康状態を可能な限り冷静に見つめ直し、もう少し病気について、理解を深めなければならないということを意識してください。

病気をより、正確に理解するためには、ギャンブル依存症という、極めて重い病気に対して、家族など周辺の人に理解をしてもらい、周囲が全体となって治療に向かうことが健康に必要になるのではないでしょうか。