シニアが効率的に筋肉を鍛える方法.com » 治療に大切な事

治療に大切な事

脊柱管狭窄症になってしまうと長距離を歩くと足がしびれて痛くなり私生活に多少は不便を感じてしまう事もあると思います。


たとえ不便を感じるような事が無くてもしっかりと治していかなければ脊柱管狭窄症が悪化して後にさらに不便になってくる可能性もあるのでしっかり医師に診てもらう事は大切になります。

そして脊柱管狭窄症を治すうえで大切なのは医師に従った治療もそうですが、自分自身で行う日々の生活で身体に対する配慮も必要になってくると思います。

まず当然必要になってくるのは腰に過度な負担を与えないようにすることです。脊柱管狭窄症は腰に負担のかかる事を続けていたりしていても発症する可能性のある病気でもあります。

ということは治療の段階でも当然腰に負担のかかる事は良い事ではありません。加齢が原因という事でもありますが、改善出来る部分は改善していきたいものです。

悪い姿勢や過度な運動などはある程度改善したいところだと思います。しかし運動自体避けるのではなくある程度の腰に優しいような運動や体操くらいでしたら逆に必要になってくることもあると思います。

しかしそういった運動は痛みを感じてしまう無理な体勢になるようなものは避けてしたいです。こういった改善できることを意識することも必要ですが他にも腰自体に対する多少のケアはした方が腰にはいいと思います。

例えば腰はある程度暖まっている状態を保つ様にしたいです。腰辺りの体温が低い状態、冷えきっている状態ですと、血液の流れが良くはないと思います。

血流を良くする為にも腰回りに暖かい布を巻いて冷えない様に工夫するだけでも違ってくると思います。こういった自分で出来る事をしておくだけでも症状が和らぐことも十分にあると思います。

しかしこれはあくまで医師に指示された薬や治療も重複してするのは当然ですし、自分でした方が良いと気になる場合は医師に聞いておくのも良いです。こういった事をしているだけでも症状を抑えるのには有効だと思います。