シニアが効率的に筋肉を鍛える方法.com » 治療について

治療について

脊柱管狭窄症の改善において基本となるのは、安静にすることです。激しい運動などはつい脊柱管狭窄症の患部を酷使してしまいますので厳禁です。

生活の場面ごとに出来るだけ腰部に負担のかからないような姿勢を覚え、意識しながら行動することも重要です。

また、肥満のある方であれば出来るだけそれ以上太らないようにし、出来れば食生活などを変えて痩せるようにすることが必要です。

また、急性期にも多い、脊柱管狭窄症の激痛に対処する方法としては、数日安静にして寝ていることで痛みが引くことが多いようです。

トイレなどにも行けない、という場合はコルセットを装着することで一段階動きが改善されることが多いので試してみるとよいです。下肢の痛みについても座薬などを使用すれば収まるケースが多いです。

脊柱管狭窄症が慢性期になりますとほとんどのケースでリハビリ治療が出来るようになります。特に腹筋や背筋を鍛えながら、効果的に保存的治療を併用するとよいです。

脊柱管狭窄症では保存療法の主なものとして、コルセットや鎮痛剤、理学治療、ブロック治療などがあります。痛みを緩和させながら自然治癒の効果を最大限に引き出すためには、まず出来るだけ腰部に痛みが起きる姿勢をしないことです。

保存療法でも、脊柱管狭窄症の症状が改善しないとなりますと、手術を検討しますが、脊柱管狭窄症の手術にも色々な方法があります。

古くから脊柱管狭窄症の治療方法として採用されているものとして、椎弓切除術があります。これは脊椎の後ろ側の骨を切除する事で脊柱管を拡大し、神経の圧迫を取り除いてしまう方法です。

しかしながらこの方法は、術後に問題が生じることが分かったため、いまでは改良された方法を用いることが多くなっています。その1つは、固定術です。

椎弓切除を行ってから、腰部脊柱管を解放した後で骨を移植して、脊椎が動かないように固定をしてしまうというものです。

自分の骨を移植したり、人工のものを用いたりしますが、今ではより発展した方法としてより丈夫な金属などの医療素材を使用する場合もあります。