シニアが効率的に筋肉を鍛える方法.com » 中敷きの選び方

中敷きの選び方

せっかく気に入ったデザインで購入した靴がものの見事に合わない、という状況はとても辛いものです。しかしながら、そのまま履いてしまってはやはり健康によくありません。

また靴が足の指に当たってしまって痛いのに履いていると、ウオノメや外反母趾などの痛みの大きな疾患にかかる可能性も大きくなります。

このような場合のフットケアとして、インソールを考える方が多いようです。インソールとはつまり靴の中に入れる中敷きのことですが、クッション性のあるとても優れたものが、単体でもたくさん販売されています。

しかしどのような中敷きでも使用できるような靴はほとんどありませんので、靴に合うかどうかはもちろん、靴が傷まないかのチェックも大切です。最近は中敷きを専門に扱う業者さんも増えています。

実際に持ち込んでみて、足のフットプリントなども撮り、最適なものをオーダーメイドするフットケアというものもあるようです。

その他、中敷をするとどうしても靴として機能しなくなってしまう、というようなケースもあります。このような場合はいわゆる船底加工をしてくれる業者が有効です。

例えば下駄のような形状を加工する場合もあります。足首がうまく動かない、指が当たって痛む、などの場合も、歩き出しをスムーズにし、靴の機能性が格段にアップします。

また股関節脱臼などの疾患を持たれている方がよく悩まれるのが、左右の足の長さのアンバランスです。このような場合も靴を加工したりインソールを利用してみるのがお勧めです。

女性の横座りでも多い症状ですが、靴を履いていない時にも影響があり、また腰や膝にも影響が出やすい状態ですので、できるだけ早めの処置が必要です。

フットケアのサロンなどでもよく靴のアドバイスや靴の紹介をする業者と提携しているところがあります。また靴屋さんが経営しているフットケアのサロンも人気があります。

靴もフットケアの一部ですが、やはり専門家の意見を取り入れることが大切です。また慣れてくれば自分でかなりのレベルのフットケアをすることができます。