シニアが効率的に筋肉を鍛える方法.com » 接骨院と整骨院の違い

接骨院と整骨院の違い

みなさんは怪我をしてしまった時に最初にどのような場所で治療をうけるのでしょうか。世の中には整形外科のような病院、接骨院のような医療機関、整体院やカイロプラクティックなど様々なところがありますよね。

治療を受ける場所として怪我の度合いにもよりますが、保険が使えるかどうかというのは重要な要素になってきます。この中で保険が適用されるのは病院と接骨院となっています。

整形外科では外科的な治療や投薬による治療が施されますが、接骨院では整形外科での治療が終わった後のリハビリテーションの仕方やストレッチ、テーピングの方法などの指導を受けたりしますね。ではこの接骨院と似たような治療を受けられる整骨院というのもあるのですが、その両者の違いについてみなさんははっきりと答えられるでしょうか。

少し意地悪な質問でしたが、実は接骨院と整骨院の両者についての違いはありません。つまりは同一のものと言えるのです。

両者は名称こそ異なりますが、共に厚生労働省により免許を与えられる国家資格を有した"柔道整復師"により治療を施される医療機関です。場所によってはほねつぎなんて呼ばれ方をしているのもあります。

整復とは骨折や脱臼といった異常をきたしている部位を元に戻すことを指し、柔道整復師は上記の骨折や脱臼、ねん挫、挫傷や打撲を治療対象としています。

ではなぜ接骨院と整骨院という名称の違いが生まれたのでしょうか。その理由については言うなればその院を開業した柔道整復師の意思による違いと言えます。

実は元々は接骨院という名前が主流でしたが、その漢字から骨をバキバキと鳴らし痛みを伴った治療をするようなイメージを持たれることが多くなっていました。そこでより安心してかかりやすい整骨院という名称が生まれたとされています。

しかしながら昔ながらの伝統的な名称を重んじる柔道整復師もおられるわけで、現在のような両者が混在するような状況となっているのですね。