シニアが効率的に筋肉を鍛える方法.com » ビフィズス菌

ビフィズス菌

ヨーグルトに多く含まれていることで知られるビフィズス菌は、乳酸菌の一種です。またこの乳酸菌とは、乳酸を生産するための細菌のことですが、オリゴ糖や乳糖などを分解する過程の上でこの乳酸を生産します。

人間の腸の中には、100種類を超える細菌が常に存在していますが、大きくわけると善玉菌、悪玉菌があります。これらはどちらかが優勢になろうと常に活動していますが、悪玉菌が強くなると、胃腸などの機能に障害が出やすくなり健康を害してしまいます。

逆に善玉菌が増えれば、胃腸の機能が健康になるばかりでなく、体全体までも健康になることができます。ビフィズス菌は善玉菌であり、胃腸の健康回復ばかりでなく全身の健康に効果がありますが、ビタミンが不足しがちな場合にも色々な症状、肌荒れや貧血などを改善させ健康に近づけてくれます。

これは腸内でビタミンB群やビタミンKなどを合成する働きを持っているからです。また、ビフィズス菌は発ガン物質であるニトロソアミンとよばれるものを腸内で分解してしまう力があることが知られています。

特に胃がん、大腸などの癌には有効です。ビフィズス菌といえば多くの方がヨーグルト、とイメージされます。また、このヨーグルトを加工し飲みやすくした乳酸菌飲料にもビフィズス菌が多く入っています。

ビフィズス菌にも種類があり、BB536とよばれるビフィズス菌はヒトに由来したもので、動物系のものよりも人間には健康効果が高く、生きたまま腸に到達させるためにはとても有用です。
動物系のビフィズス菌は酸や酸素などに弱いため、ほとんどは胃の中で死んでしまいます。

このBB536は世界中でヨーグルトやサプリメント、または育児用のミルクなどにも用いられています。普通のヨーグルトでも整腸作用などの健康効果がありますが、生きたまま腸まで届くタイプは、その健康効果もかなり高くなりますので、健康を意識するならこちらのヨーグルトを選んでみるのがいいと思います。