シニアが効率的に筋肉を鍛える方法.com » 浴室のバリアフリー

浴室のバリアフリー

設備機器もいまでは、バリアフリー対応のものがメーカーから出ていて浴室の床などは滑りにくくなっていたり洗面所と浴室の間の段差も解消できます。

私もバリアフリー対応のリフォームで良くしていたリフォームのひとつに浴室のリフォームがあります。

昔の浴室だと洗面所との間に1段段差があり床面はタイルと水にぬれるとすべりやすいものが多いです。

その浴室を改修リフォームするために、まず全て解体し既存の木部の腐食を直しその中にユニットバスを組みこみます。

ユニットバスにすることで既存の浴室よりすこし狭くなってしまいますが、ほとんど気にならなレベルですし、今までのタイルのお風呂より浴槽は少し長くなう家もあります。

そして、タイルの浴室では冬場に寒さを感じますがユニットバスでは、その心配もありません。

高齢の方は、浴室そ底冷えの体で暖かい湯船に使い温度差で心臓に負担がかかり倒れてしまう危険もあるので浴室ないを暖かい状態にすることはとっても重要です。

老後の生活を考え体への負担や危険を回避するためにも今後の生活を考え想定してバリアフリー対応のリフォームをすることがもっとも重視されます。