シニアが効率的に筋肉を鍛える方法.com » 鍼灸とアトピー性皮膚炎

鍼灸とアトピー性皮膚炎

アトピーと聞くといやな顔をされる方は多くいらっしゃいます。アトピーとはアトピー性皮膚炎を指します。重症になると日常生活にも大きく影響するやっかいな病気です。

例えば全身の皮膚を掻き毟る、出血で感染症に発展する、夜もおちおち寝ていられない、などのケースも少なくありません。アトピーは皮膚疾患ですので、基本治療は皮膚科と考える場合が多くありますが、その効果についてはすべてが良好というわけではありません。

また皮膚科の変わりに鍼灸で治療するケースが多くあります。また投薬治療は個人差のあるアトピーには不向きともよく言われます。

鍼灸ではこの個人差を大事に考えて治療をします。またこのことはアトピーだけに言えることではありませんが、アレルギー疾患の治療を第一目標として鍼灸師になったという方もおおくいらっしゃいます。

鍼灸でのアトピー治療は、まず自然治癒力を高めることを目標とします。冷え性の改善や免疫力のアップをして、ストレスに強い体質を作ります。

アレルギーとは異常な免疫機能が働く症状ですが、この状態にはまずストレスの軽減が大切と言われています。花粉症などでもゆっくりと安静を取ることが大切です。

食物アレルギーや鼻炎などでも、病院では効果が無かった方の多くが鍼灸で高い効果を上げています。身体を流れる風、湿、熱が悪い状態になる、つまりよどんでしまうと、これらが邪の向きに変わります。

また鍼灸ではこのことがアトピーを引き起こすと考えます。また臓腑、その肺と脾が邪に入り込み、皮膚が潤いを失って乾燥肌や痒みを引き起こします。

西洋的医学では、アトピーの治療は症状を抑えることを大切にします。つまり完治というよりはコントロールが主題になります。

これに対して鍼灸では、丈夫で健康な皮膚を形成することを目指します。ステロイドの副作用を心配する治療から、自然治癒力を上げる治療に切り替えることは、西洋医学のほとんどのデメリットを解消することです。